コンテンツにスキップする

トランプ氏、サイバーセキュリティー長官解任-大統領選巡り不満

更新日時
  • クレブス氏率いるCISA、米国史上最も安全だった大統領選と評価
  • 大規模な投票不正や詐欺があったとトランプ氏はツイッターで主張
クレブス長官

クレブス長官

Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America
クレブス長官
Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America

トランプ米大統領は17日、国土安全保障省のサイバーセキュリティー・インフラストラクチャー・セキュリティー庁(CISA)のクレブス長官を即時解任したと発表した。大統領選の安全を巡る同長官の評価が「非常に不正確」だったためだとツイートした。

今年の米大統領選、史上最も安全-選挙インフラ調整評議会などが表明  

  この投稿でトランプ氏は、大統領選で「大規模な不正や詐欺があった」と主張。「死人による投票、監視人が投票所に入れない、投票用紙を読み取る機械の不具合でトランプ支持票がバイデン支持票に変わる、期限切れ投票、その他多数があった」と続けた。

Senate Armed Services Committee Holds Hearing On Defense From Cyberattacks

クレブス氏

  クレブス氏はマイクロソフトの元幹部で、投票不正があったとの主張を覆すウェブサイトを開始。同氏が率いるCISAは、11月3日の大統領選は「米国史上最も安全だった」との声明を出している。

  クレブス氏は自分が解任されると思うと側近に伝えていたことが、事情に詳しい関係者3人の話で先週明らかになった。

原題:Trump Fires Head of Cybersecurity Agency After Election Finding (抜粋)

(第2段落以降にトランプ氏の投稿内容詳細や背景を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE