コンテンツにスキップする

ロビンフッドが来年IPOの可能性、アドバイザー起用目指す-関係者

投資初心者に人気がある取引プラットフォーム、米ロビンフッド・マーケッツは、複数の銀行に新規株式公開(IPO)での役割獲得に向け動くよう要請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、同社は早ければ2021年1-3月(第1四半期)の上場を目指している。

  同社の計画は変更される可能性があり、IPOを目指さないと決定することもあり得るという。

  ロビンフッドの担当者はコメントを控えた。

原題:
Robinhood Is Said to Seek Advisers for Potential IPO Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE