コンテンツにスキップする

米国債利回り上昇は終わりか、ワクチン期待よりコロナ懸念が優勢

  • いったん上昇の10年債利回り、0.75%に低下も-INGが予想
  • ワクチン開発に成功の場合でも景気回復やインフレ上昇には時間

米国債市場のトレーダーらは、新型コロナウイルスのワクチンへの期待と感染拡大による懸念の間で揺れている。

  米国債利回りは先週、3月以来の高水準に達したが、ワクチンの普及で景気が回復しインフレも上昇するとの期待は高まらなかった。

  バークレイズは債券売りはほぼ終わったとみる。INGグループは安全資産の需要再燃で利回り低下を予想している。

  現在進行中の感染急増が経済に及ぼす打撃への懸念が、米連邦準備制度の超緩和的政策とあいまって、指標利回りの上昇を抑える公算が大きい。ワクチンが成功だとしても、幅広い世界経済の再開には時間がかかる。インフレ加速は期待薄だ。

  アンシュル・プラダン氏らバークレイズのストラテジストは、「大規模な債券売りの可能性は依然として低い。『新型コロナ後』の回復にはまだかなり時間がかかるだろう」と指摘した。

  INGは、先週1%に近づいた10年物米国債利回りが再び0.75%まで低下すると予想している。17日は0.86%だった。

  また、スバドラ・ラジャパ氏らソシエテ・ジェネラルのストラテジストはリポートで、「世界的なディスインフレ圧力の下で中央銀行は引き続きハト派のままだろう」との見方を示した。

U.S. inflation expectations remain unmoved by vaccine euphoria

原題:Virus Fears Squash Reflation Bets in $20 Trillion Bond Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE