コンテンツにスキップする

東京で493人の新型コロナ感染確認、1日では過去最多

更新日時
  • 全国では初の2000人超、都は警戒を最高レベルに引き上げか-株急落
  • 都は時短営業要請も検討、医療提供体制は据え置きの見通し

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

東京都は18日、過去最多の493人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。400人を超えるのは約3カ月ぶりで、1日の感染者数としてはこれまで最も多かった8月1日の472人を上回った。全国でも初の2000人超となる2189人の感染が確認されたとNHKが午後6時過ぎに速報した。

  新型コロナの感染状況の警戒レベルを4段階の指標で最も深刻な「感染が拡大している」へ引き上げる方向で最終調整に入ったと、日本経済新聞が複数の関係者への取材に基づき、18日付で報じた。都内の事業者を対象に営業時間の短縮要請も検討するという。

  日経によると、病床数や検査体制は逼迫(ひっぱく)した状況ではないとして、医療提供体制の警戒レベルは2番目に深刻な「体制強化が必要」で据え置く見通し。19日の都幹部や専門家らによる「モニタリング会議」で発表する。

  都の18日の発表では治療中の重症者は39人で前日より3人減少した。

Concern As Japan Sees A Spike In Coronavirus Cases

東京都は18日に過去最多の493人の新規感染者を発表した

  

  同日の東京株式市場では東京都の警戒レベル引き上げの報道で、朝方から売りが先行、都の新型コロナ感染者が過去最多となる493人と伝わると、日経平均の下げ幅は一時350円を超え、前日比286円48銭(1.1%)安の2万5728円14銭で引けた。円相場もリスク回避の動きから円買い圧力が強まり、一時今月9日以来の103円台に強含んだ。

日本株は大幅反落、都で過去最多のコロナ感染者-空運や自動車が安い

  全国的に感染が拡大する中、政府は飲食業界の支援策「GoToイート」について5人以上の飲食は対象外とするなどの見直しを検討するよう都道府県知事に求めている。北海道は17日から27日まで、札幌市内を対象に感染リスクを回避できない場合は不要不急の外出自粛を要請する措置に踏み切った。

  加藤勝信官房長官は18日午後の記者会見で、現在の状況について「新規陽性者数の増加傾向が顕著になってきており、最大限の警戒感を持って感染状況に応じた対策を図る必要がある」との認識を重ねて示した。

  感染が拡大している地域を観光支援事業「GoToトラベル」の対象から除外することに関しては、都道府県の判断を踏まえて調整するとしたが、現時点で東京都から要望は受けていないという。県をまたいだ移動については「一律に自粛を要請する必要があるとは考えていない」と語った。

 

新規感染者数の推移

出所:東京都

10歳未満10代20代30代40代50代60代70代80代90代100歳以上
   620 12392 89 66 39 30 25 3 0

  東京都の小池百合子知事は18日の新規感染者は世代的な広がりもみられるとして、「感染者数のみならず、そういった広がりや世代・地域などを見てまた専門家の意見を聞いていきたい」と記者団に語った。高齢者の重症化は顕著に出ているとも指摘し、注意を促した。

(情報を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE