コンテンツにスキップする

ICBM標的の迎撃実験に成功、日米共同開発ミサイル-米国防総省

米海軍のイージス艦による大陸間弾道ミサイル(ICBM)の模擬標的の迎撃実験が17日に行われ、迎撃に成功した。米国防総省当局者が明らかにした。

  マーシャル諸島クエゼリン環礁にある施設から打ち上げられた北朝鮮のICBMに見立てた標的を、ハワイ沖のイージス艦から発射したミサイル「SM3ブロック2A」で迎撃した。同ミサイルは米レイセオン・テクノロジーズと三菱重工業が共同開発した。

  北朝鮮が米本土を標的とするICBMを発射する事態となった場合、バイデン次期政権がこれを迎撃することができる新たな海軍の武器を手にする可能性があることを今回の実験成功は意味する。

原題:
U.S. Destroyer Intercepts Target Mimicking a North Korean ICBM(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE