コンテンツにスキップする

中国の9月の米国債保有、2017年2月以来の低水準に-米財務省

中国の9月の米国債保有残高は4カ月連続で減少し、2017年2月以来の低水準となった。

  米財務省が17日発表した9月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債保有残高は9月に1兆620億ドル(約110兆7000億円)となり、前月比63億ドル減少した。同国は外国勢の米国債保有で日本に続き2位。

  日本の保有残高は22億ドル減の1兆2760億ドル。外国勢の保有全体は122億ドル減の7兆700億ドルと、3カ月ぶりの低水準となった。

  外国勢の保有は今年3月から4月にかけて、新型コロナウイルス感染拡大を懸念した世界的な市場のボラティリティーの高まりで一時急減し、その後幾分持ち直したものの、2月に記録した過去最高の7兆2300億ドルを引き続き下回っている。

原題:
China’s Holdings of U.S. Treasuries Decline to Lowest Since 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE