コンテンツにスキップする

米NAHB住宅市場指数、3カ月連続で最高更新-郊外物件が人気

更新日時

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表した米住宅建設業者のセンチメントを測る指数は、11月に再び過去最高を更新した。買い手は過去最低水準の住宅ローン金利を利用したい思いから、住宅市場に押し寄せた。

キーポイント
  • 住宅市場指数は90に上昇(前月85)
    • 1985年の統計開始後で最高-記録更新はこれで3カ月連続
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は85
    • 同指数は50を上回ると、事業環境を悪いとみるよりも良いとみる住宅建設業者が多いことを示す
    • 統計表

  高失業率と新型コロナウイルスのまん延が米経済の痛手となる中でも、住宅建設は明るい分野にとどまっている。住宅購入余力がある消費者は30年物で3%未満という低いローン金利に引きつけられており、中古物件在庫がますます不足していることもあって、多くは郊外の新興住宅地を選んでいる。

  NAHBのチーフエコノミスト、ロバート・ディエツ氏は「足元では、中古物件在庫水準が低い郊外や準郊外など、人口密度の低い市場への需要のシフトが建設需要を支えている」と指摘。「一方、建設コストの上昇が続いているほか、新型コロナワクチン関連で前向きな展開があれば金利が上昇する見通しであるため、費用負担の増加は引き続き気がかりな問題だ」と説明した。

原題:Homebuilder Confidence Hits Another Record on U.S. Buying Boom(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE