コンテンツにスキップする
Photographer: TY MECHAM
cojp

アマゾン薬局が始動、ヘルスケア分野でドラッグストアと競合 (訂正)

訂正済み
relates to アマゾン薬局が始動、ヘルスケア分野でドラッグストアと競合 (訂正)
Photographer: TY MECHAM

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

オンライン小売り最大手の米アマゾン・ドット・コムは17日、処方薬を取り扱うデジタル薬局の営業を開始した。米国の有料プライム会員向けには医薬品のディスカウントを提供する。

  「アマゾン・ファーマシー」のユーザーはウェブサイトやモバイルアプリを通じ、オンラインで医薬品を注文できる。医療保険を適用して薬代を支払うことが可能だが、保険を利用しない場合も、プライム会員ならばジェネリック(後発薬)やブランド医薬品のディスカウントを受けられる。

  アマゾンは2018年にオンライン薬局のピルパックを7億5300万ドル(約784億円)で買収した。ピルパックは処方薬をまとめて小分けに個別包装するサービスで知られている。アマゾンはオンライン薬局の創業により、米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルス、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスとの競争がより直接的になる。

原題:Amazon Expands Push Into Health Care With Online Pharmacy (1)(抜粋)

  

  

(最終段落の企業名をCVSヘルスに訂正します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE