コンテンツにスキップする

トランプ氏、アフガンとイラク駐留米軍の規模削減を命令へ-関係者

  • 米中央軍、非公式の準備命令受け取る-2国の駐留米兵を2500人に
  • マコネル上院院内総務は厳しく批判、「逃げ出すだけ」には反対

トランプ米大統領は、来年1月15日までにアフガニスタンとイラクに駐留する米軍の規模をそれぞれ2500人に削減するよう正式な命令を発する見通しだ。米国防省関係者が明らかにした。大統領は「終わりのない戦争」を続ける地域からの撤退を公約しており、その実現に取り組む。

  この関係者によると、米中央軍は非公式の準備命令を受け取った。トランプ氏が大統領を退く前にアフガン駐留兵を現在の約4500人から、イラク駐留は約3000人から、それぞれ削減することを命ずる見込みだという。準備命令についてはCNNが16日に報じていた。

  この削減期限は、バイデン次期大統領が就任する5日前に当たる。国防総省の担当者は規模縮小に関する質問に今のところコメントしていない。

  ただ、この縮小計画は共和党のマコネル上院院内総務が激しく批判している。通常はトランプ氏の忠実な味方として振る舞うマコネル氏だが16日に上院で、紛争から「ただ逃げ出す」ことへの支持は議会にほとんどないと言明した。

原題:
Trump Poised to Order Troop Cuts From Afghanistan and Iraq (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE