コンテンツにスキップする

中国「SFエクスプレス」、香港での株式発行を検討-関係者

  • 5200億円規模の香港重複上場か配送部門の香港IPOが選択肢
  • SFエクスプレスの株価は今年に入り倍以上になっている

中国の物流大手、SFホールディング(順豊)は香港での株式発行を通じた資金調達を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  「SFエクスプレス」として知られる同社はすでに中国本土に上場しているが、約50億ドル(約5200億円)規模となる可能性のある香港への重複上場か主要配送部門による香港での新規株式公開(IPO)などの選択肢が視野に入っている。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で小荷物配送需要が急増し、SFエクスプレスの株価は今年に入り倍以上となっている。

  SFエクスプレス株は17日の深圳市場で1.9%安。香港での株式発行検討の報道後、下げ幅を縮小して取引を終えた。同社の時価総額は約3575億元(約5兆6900億円)。

  香港での株式発行検討はまだ初期段階で、実施に至らない可能性もあると関係者は説明。SFエクスプレスの担当者は同社にはそうした計画はないと述べている。

原題:Courier Giant SF Express Said to Mull Hong Kong Share Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE