コンテンツにスキップする

世界最大の石油会社サウジアラムコの大型起債始まる-ドル債5本立て

  • 3年と5年、10年、30年、50年の5本立てで発行される予定-関係者
  • シティやゴールドマン、HSBCなどが起債業務を主導している

世界最大の石油会社サウジアラムコの大型起債が17日始まった。同社は配当750億ドル(約7兆8400億円)の支払いを約束しており、財源を確保する。

  事情に詳しい関係者によれば、ドル建て債が3年と5年、10年、30年、50年の5本立てで発行される予定。

サウジアラムコがドル建て債発行へ、ゴールドマンなど起用-関係者

  当初のスプレッドガイダンスは3年債で米国債に対し140ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度の利回り上乗せ幅、50年債では230bp。17日中に発行条件が決まる見通し。

  サウジアラビアの国営企業アラムコの起債業務は、シティグループとゴールドマン・サックス・グループ、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー 、NCBキャピタルが主導している。

原題:World’s Biggest Oil Firm Saudi Aramco Kicks Off Jumbo Bond Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE