コンテンツにスキップする

日豪が中国念頭に安保協力を強化、新協定で大枠合意-首脳会談

  • 自衛隊・豪軍の共同訓練を円滑に実施へ-「画期的」と豪首相
  • インド太平洋で日豪協力の重要性が高まっている-菅首相

菅義偉首相は17日、来日中のオーストラリアのモリソン首相と会談し、自衛隊とオーストラリア軍がお互いの国を訪問した際の法的地位を定めた円滑化協定で大枠合意した。菅首相が終了後の共同記者発表で明らかにした。

  菅首相は共同記者発表で「インド太平洋地域においては地域の平和と安定に貢献する意思と能力を有する日豪の安全保障、防衛協力の重要性が高まっている」と語った。日豪は中国の軍事的台頭を念頭に置いた安全保障協力強化の一環で同協定の交渉を続けており、発効すれば共同訓練などが円滑に行えるようになる。

Japan's Prime Minister Yoshihide Suga Meets Australian Prime Minister Scott Morrison

オーストラリアのモリソン首相と菅首相

Photographer: Eugene Hoshiko/AP Photo/Bloomberg

  モリソン首相は同協定の大枠合意は国防面で画期的だと指摘したほか、日本との特別な戦略的パートナーシップはさらに強まるとも述べた。9月に就任した菅首相が外国首脳と日本国内で直接会談したのは初めて。

  日豪は、法の支配や航行の自由などを重視する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進で足並みをそろえており、10月には米、インドを含めた4カ国で外相会談を行った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE