コンテンツにスキップする

ファーウェイ、低価格スマホ「オナー」売却-米の半導体供給遮断後

  • 中国政府が関わるコンソーシアムに売却-売却額は開示せず
  • オナーはファーウェイのスマホ事業に不可欠も部品などの確保難航

中国の華為技術(ファーウェイ)は、低価格帯のスマートフォン部門「栄耀(オナー)」を中国政府が関わるコンソーシアムに売却した。トランプ米政権による自国技術へのアクセス遮断を受け、同部門を切り離す。

  売却額は明らかにしなかった。地元紙に掲載された資料によると、深圳市智恵城市科技発展集団と30を超えるオナーのエージェントやディーラーが共同でコンソーシアムを設立した。取引完了後、ファーウェイの持ち株はゼロになる。

  オナーはファーウェイのスマホ事業に不可欠だったが、生産に必要な部品やソフトウエアの確保に手間取っていた。今回の分離で新たな所有者に米国製半導体の供給が自動的に再開されるのかは不明。

The Huawei Barometer

Policy on use of equipment from China's Huawei in 5G mobile networks

Note: As of Oct. 2020.

原題:Huawei Sells Budget Phone Brand After U.S. Cuts Chip Supply (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE