コンテンツにスキップする

バイデン氏、コロナワクチンへの国民の懐疑心はトランプ氏が招いた

  • 「現時点で人々がワクチン疑問視する唯一の要因はトランプ大統領」
  • 安全で有効だと専門家らが指摘するなら接種するとバイデン氏

バイデン次期米大統領は16日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンについて、立証されていない治療薬の推奨やワクチン承認プロセスを政治化するというトランプ大統領の言動が安全性に対する国民の懐疑心を招いたと批判した。

  バイデン氏は自らの経済計画について演説した後、「私はワクチン接種をためらわないだろう」とし、「現時点で人々がワクチンを疑問視する唯一の要因はトランプ大統領だ」と断じた。

  選挙期間中にバイデン氏とトランプ大統領はコロナワクチンを巡り激しく応酬した。バイデン氏はトランプ氏が大統領選前にワクチン開発を早めるため、安全性に関する措置をスキップするよう科学者や医療専門家に不当な政治的圧力をかけたと主張。一方、トランプ氏はバイデン氏が開発プロセスを批判してワクチンに不利な「社会運動を始めた」と反論した。

  しかしバイデン氏は16日、感染症専門家のトップである米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長や製薬会社がワクチンは安全で有効だと言うのであれば、自分は接種するという立場をあらためて確認した。

原題:
Biden Blames Trump For Public’s Coronavirus Vaccine Skepticism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE