コンテンツにスキップする

バイデン次期米大統領、コロナ感染拡大の封じ込めが景気回復の鍵

更新日時
  • GMやマイクロソフトCEOのほか、主要な労組指導者と会合持った
  • 選挙期間中に掲げた「ビルド・バック・ベター」計画を強調
バイデン次期米大統領

バイデン次期米大統領

Photographer: Joe Raedle/Getty Images North America
バイデン次期米大統領
Photographer: Joe Raedle/Getty Images North America

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

バイデン次期米大統領は16日、新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めが米経済回復の鍵を握ると述べ、企業と政府の連携を呼びかけた。バイデン氏が経済について発言するのは、当選が確実になってから初めて。

  バイデン氏はゼネラル・モーターズ(GM)やマイクロソフトの最高経営責任者(CEO)のほか、主要な労働組合指導者とビデオ会合を持った。同氏は次期政権での新型コロナ感染抑制策や経済再生に関する政策立案に動き始めている。

  バイデン氏は「われわれは協力する用意がある。団結は際立っている。かなり率直に言って、今後の方向性について人々と企業、労組が合意するのは本当に励みになる」と語った。

  一方、トランプ大統領が選挙結果の受け入れを拒み、機密情報のブリーフィングを含め政権移行作業を妨害していることから、現政権との連携不足に遺憾の意を示した。

  バイデン氏は「協力しなければ、より多くの人が死亡するかもしれない」とした上で、ワクチンの有効性に関する最近の明るいニュースは、ワクチン配布という「大仕事」と一対で考える必要があると指摘。「そうした立案の開始を来年1月20日まで待つ必要があるなら、出遅れる」と述べた。

トランプ政権の移行作業への協力拒否は「恥ずべきこと」-バイデン氏

   バイデン次期政権の経済計画は選挙期間中に掲げた「ビルド・バック・ベター(より良き再建)」計画に基づく。バイデン氏は米国で製品を組み立てない企業と政府は契約しないと表明。「われわれの未来は米国で形作られることを確実にできる。それは企業にとっても米労働者にとっても良いことだ」と語った。

原題:Biden Says Containing Pandemic Is Vital to Economic Recovery
(抜粋)

(2段落目以降にバイデン氏の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE