コンテンツにスキップする

スペインBBVA、サバデル銀行と合併の可能性巡り協議中と発表

スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)は、競合のサバデル銀行と合併協議を進めていると発表した。スペイン金融サービス業界の再編が加速する。

  BBVAは16日に規制当局に提出した文書で合併協議について認め、両行とも外部アドバイザーを起用したと明らかにした。BBVAは同日、米国部門を米PNCファイナンシャル・サービシズ・グループに116億ドル(約1兆2100億円)で売却することも発表していた。

  BBVAのオヌル・ヘンク最高経営責任者(CEO)は9月、企業の合併買収(M&A)の可能性を排除しないと示唆したが、経済的な合理性がない事業に入っていくことはないと強調した。事情に詳しい関係者によると、サバデル銀行はゴールドマン・サックス・グループを起用し、ここ数カ月に身売りや合併、資産売却、小規模の競合の買収を含む選択肢を探っていた。

原題:
BBVA Says It’s in Talks With Sabadell on a Potential Combination(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE