コンテンツにスキップする

ドルは来年20%下落する可能性も、新型コロナワクチン普及で-シティ

  • ブルームバーグ・ドル指数は3月のピークから11%超下落
  • 米金融当局のハト派政策維持もドル需要下押しの可能性

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスのワクチンが広く配布され、世界的な貿易や経済成長の回復を助ける場合、ドルは来年に最大20%下落する可能性がある。米シティグループが予想した。

  カルビン・シー氏ら同行のストラテジストは16日のリポートで、「ワクチン配布はわれわれが設けた弱気相場のチェックポイント全てに該当し、ドルは2000-10年の前半と似たような道筋をたどるとみている」と分析した。この時期にドルは複数年にわたる下降局面に突入した。

  ブルームバーグ・ドル指数は3月に達したピークから約11%下落し、16日の外国為替相場で一段の下押し圧力を受けている。バイオテクノロジー企業の米モデルナがワクチン候補の臨床試験の良好な結果を発表したことが、ドルや円、米国債といった逃避先資産の需要に重しとなった。

  ワクチン開発の進展だけでなく、世界経済が正常化しても米金融当局がハト派の姿勢を維持することでドル相場は苦しい展開になると、シティはみている。さらに世界各国で成長ペースが加速する可能性は高く、投資家が米国資産を離れ、国外資産へ乗り換えるとも予想する。

Greenback declines as vaccine news curbs demand

原題:Citigroup Says Dollar May Drop by 20% Next Year on Vaccines (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE