コンテンツにスキップする

トランプ大統領、敗北認め始めたもよう-側近らが内密に語る

トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Tasos Katopodis/Getty Images North America
トランプ大統領
Photographer: Tasos Katopodis/Getty Images North America

トランプ米大統領は選挙戦の敗北を受け入れ始めていると、補佐官や顧問らが述べた。ただ、公には選挙結果を否定するコメントを続け、正式な政権移行開始を遅らせている。

  トランプ氏は15日朝、「He won (彼が勝った)」という文言を含むツイートを発信し始めた。共和党メンバーらもこれを敗北を認めたのかもしれないと解釈した。共和党のハッチンソン・アーカンソー州知事は「受け入れの始まりだと思う」と述べた。

  トランプ氏が初めて敗北を認めたとメディアが報じたことを受けて同氏はすぐに「私は何も認めていない!」とツイートしたが、政権移行プロセスの正式開始を求める圧力はバイデン次期大統領のチームと身内である共和党内の両方から強まっている。

  大統領の周囲の人々は内密に、選挙結果を覆せないということを大統領が認識しつつあると述べている。ただ、トランプ氏が公に認めないため、これらの人々は匿名を条件に語った。

  トランプ氏の最側近を除く共和党メンバーらは、大統領が敗北を認めないことにいら立ちを深めている。この状態が長引けば、同氏に投票した7300万人余りの米国民が選挙制度への不信を募らせる恐れがある。共和党は来年1月5日に行われるジョージア州の上院決選投票を手始めに、こうした有権者が熱意を持って将来の選挙に参加してくれることを必要としている。

原題:
Trump’s Near-Concession Shows He Recognizes Defeat, Allies Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE