コンテンツにスキップする

サウジアラムコがドル建て債発行へ、ゴールドマンなど起用-関係者

  • アラムコは16日から債券投資家との電話説明会を開く
  • 年限は3年、5年、10年、30年、50年となる可能性-需要次第

世界最大の石油会社サウジアラムコが昨年4月以来の起債を行う。同社は配当750億ドル(約7兆8400億円)を約束しており、財源を確保する。

  サウジアラビア国営のアラムコは米ゴールドマン・サックス・グループを含む複数の銀行を起用。原油価格下落が響きアラムコの7-9月(第3四半期)決算は45%減益となり、債券市場から資金を調達する必要が生じた。

  事情に詳しい関係者によれば、昨年上場したアラムコは16日から債券投資家との電話説明会を開く。ドル建て債で年限は3年、5年、10年、30年、50年となる可能性があるが、投資家の需要次第だという。

  アラムコが昨年初めて行った起債は120億ドル規模で、投資家から1000億ドルを超える応募があった。

原題:Saudi Aramco Turns to Bonds to Help Fund $75 Billion Dividend(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE