コンテンツにスキップする

ペルー暫定大統領、わずか6日で辞任-前大統領の罷免巡り抗議デモ

ペルーのメリノ暫定大統領が15日、辞任を発表した。ビスカラ前大統領が汚職疑惑で罷免された後に就任したが、わずか6日で職を辞した。罷免に抗議するデモが各地で続き、警察との衝突で死者が出るなど混乱が広がっていた。

  メリノ氏は同日のテレビ演説で、「今この国は最大の政治危機の1つに見舞われているが、私が撤回不能の辞職を表明することを全国民に理解してもらいたい」と述べた。

Embattled Executive

Peru's last seven presidents have been embroiled in probes, controversy

Source: Bloomberg

  メリノ氏は、政治空白を回避するため、新しい指導者に引き継ぐまで内閣が引き続き職にとどまると説明。ビスカラ氏の罷免を受け、ペルー議会議長のメリノ氏が10日に暫定大統領に就任していた。

  一院制の議会は15日に暫定政権を率いる新指導者を議員の中から選ぶ。暫定議長のルイス・バルデス氏が記者団に明らかにした。

原題:Peru’s Interim President Quits Following Deadly Protests (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE