コンテンツにスキップする

中国北部で大気汚染続く予想、原因物質の排出削減で一部省に措置要請

中国生態環境省は13日、大気汚染が翌週も続くとの予想を受け、北部の一部省当局に対し原因物質の排出削減に向けた措置を講じるよう要請した。

  同省は声明で、河北、山西、山東、河南などの北部の省について、現地の大気質予測に基づく措置が必要と指摘したものの、措置の具体的な内容には触れなかった。

  同省によると、北京市・天津市・河北省とその周辺地域で14-17日に中程度から重度の大気汚染が発生する見通し。一部都市は悪天候に加え、暖房サービスや工業生産回復に伴う排出量増加で、先週既に大気汚染に見舞われている。

原題:
China Urges Steps to Reduce Emissions as Cities See Pollution(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE