コンテンツにスキップする

トランプ氏、選挙「何も認めず」-バイデン氏「不正で勝利」とも

更新日時
  • 2期目に備えていることを示す言動もほぼない-政権移行作業も妨害
  • この2週間は政権の一部の最優先課題についてほとんど何もせず
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Tasos Katopodis/Getty Images North America
トランプ大統領
Photographer: Tasos Katopodis/Getty Images North America

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米大統領選でバイデン前副大統領の勝利が確実となって1週間が経過したが、トランプ大統領は敗北を認める気配をほとんど見せていない。一方で2期目に備えていることを示す言動もほぼない。15日朝には、敗北を認識しながらも勝者は自分だと主張したかのようなツイッター投稿を行った。

  トランプ氏はバイデン次期大統領について、「彼は選挙に不正があったから勝利した」とツイート。ツイッターはこの投稿に対し、選挙不正という真偽が疑われる主張を含むとの警告ラベルを付けた。

  トランプ氏は1時間後、バージニア州のゴルフコースに向かう車中から「私は何も認めていない!今後の道のりは長い」とツイートした。

  トランプ陣営の上級顧問、ジェイソン・ミラー氏は発表文で、大統領の最初のツイートは「メディアの見方に言及したものだ」と指摘した。

  15日に立て続けにツイートしたことを除けば、トランプ氏はこの2週間、景気対策など政権が選挙前に掲げた一部の最優先課題についてほとんど何もしていない。それに加え、敗北を認めずバイデン氏が連邦当局にアクセスできないようにすることで、米国は政権を去る大統領が職務を果たさず、次期大統領が重要な政権移行作業を妨害されるという異例の事態に陥っている。

原題:Trump Tweets, Retreats, Saying He Concedes Nothing on Election(抜粋)

(4段落目以降に背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE