コンテンツにスキップする

ガルフポート、米連邦破産法11条の適用を申請-買収で債務膨らむ

  • 9月末時点で負債約25億ドル-約12.5億ドルの債務削減目指す
  • 債務再編が不調なら事業継続は難しいかもしれないと8月7日に警告

米石油・ガス会社ガルフポート・エナジーは13日、米連邦破産法11条の適用を申請した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が追い打ちとなり、市況の悪化と重い債務に苦しむ同業界で新たな破綻となった。

  テキサス州ヒューストンの連邦破産裁判所への届け出によると、9月30日時点での負債は約25億ドル(約2600億円)。同社は14日の発表文で事業再編計画の詳細を明らかにし、約12億5000万ドルの債務削減を見込んでいる。

  新型コロナ感染拡大前から、ガルフポートはここ10年間の一連の買収により負債が膨らみ、業界の苦境を乗り切る体力が低下。アクティビスト(物言う投資家)からは取締役会の変革を求める圧力を受け、8月7日の時点で債務再編が不調なら事業継続は難しいかもしれないと警告していた。

原題:Gulfport Files for Bankruptcy After M&A Spree, Price Crash (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE