コンテンツにスキップする

ドイツに住む双子の兄弟、ビオンテック出資で資産急増-220億ドルに

  • シュトリュングマン兄弟は創業時から出資、現在は約半数を保有
  • ビオンテックの株価急伸で、資産は80億ドル押し上げられる

ファイザーの開発する新型コロナウイルスワクチン候補が臨床試験で有望な結果を示したことから株価は上昇、多くの投資家の資産を押し上げた。しかし、ドイツに住むある双子の兄弟ほどの大幅な資産増はない。

  アンドレアス・シュトリュングマン氏とトーマス・シュトリュングマン氏(70)は、ファイザーと共同でワクチン開発を手掛けるドイツ企業ビオンテックの株式を保有していたことから、資産が今年に入り合わせて約80億ドル(約8380億円)増えた。ファイザーが臨床試験で90%を超える確率で感染を防いだとの暫定結果を示したことを手掛かりに、ビオンテックの米国預託証券(ADR)は今週、大幅に上昇した。

  両氏の保有資産は220億ドルとなり、ブルームバーグ・ビリオネア指数が算出する世界最富裕層に仲間入り。両氏は、自ら立ち上げたジェネリック(後発薬)事業で得た利益を再投資して富を増やしてきた。

  アンドレアス、トーマス両氏にコメントを求めたが返答は得られていない。

  両氏は共同でジェネリック企業ヘクサルを創業したが、2005年にスイスのノバルティスがヘクサルと両氏が保有する関連企業の株を計57億ユーロ(現在のレートで約7060億円)で買収すると発表した。その後間もなく両氏はファミリーオフィス、アトス・サービスを立ち上げた。

  アンドレアス、トーマス両氏は08年のビオンテックの創業時から同社に資金を投じており、現在は同社株式の約半数を保有している。またブルームバーグ・ビリオネア指数によると、ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)の資産も40億ドル超に押し上げられ、世界の最富裕層上位500人へのランクイン目前だ。

原題:Twins Build $22 Billion Fortune on Hopes for Halting Virus (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE