コンテンツにスキップする

JPモルガン、株式に一段と強気-ワクチンが「ゲームチェンジャー」

JPモルガン・チェースのストラテジストチームは、世界の株式へのエクスポージャーを拡大する一方で、ソブリン債を一段と敬遠した。今週の新型コロナウイルスワクチンを巡るニュースが市場にとって「ゲームチェンジャー」だと指摘した。

  ワクチン開発の飛躍的進歩で、投資家は新型コロナ感染再拡大ではなく、パンデミック(世界的大流行)の終了や世界経済活動の幅広い再開に目を向けられるようになると、マルコ・コラノビッチ氏らJPモルガンのストラテジストが指摘。第3四半期決算シーズンの好調や、安心できる米選挙結果も、この強気な見方を後押ししているという。

  ストラテジストらは12日のリポートで、「引き続き株価は上昇し、債券は売られると予想している」とした上で、「主要な市場リスクの後退、まだ極端ではない投資家のポジショニング、力強い成長回復、強力な政策支援を踏まえ、モデルポートフォリオのリスク選好的な配分を維持する」と説明した。

  リポートによると、JPモルガンのチームは株式のオーバーウエートを8%から10%に引き上げる一方で、国債のアンダーウエートをマイナス11%からマイナス12%にした。また、社債のオーバーウエートのポジションを縮小した。

Vaccine breakthrough boosted global stocks over bonds this week

原題:
JPMorgan’s Kolanovic Boosts Stocks Call on Vaccine Game-Changer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE