コンテンツにスキップする

ECB例外的手段、12月政策委での延長に合理性-フランス中銀総裁

  • 「これら例外的手段の期間延長は論理的説得力を伴う可能性」と総裁
  • 金融政策を再調整し必要に応じて反応の早い革新的対応を取ると発言

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、フランス銀行(中銀)のビルロワドガロー総裁は、12月の政策委員会での例外的手段延長に合理性があるかもしれないとの認識を明らかにした。

  ビルロワドガロー総裁はBFMビジネスTVに対し、ECBが3月には銀行向けの条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)と「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」で迅速に動いたと説明。「危機が予想より長引く中で、これら例外的手段の期間延長は論理的説得力を伴う可能性がある」と語った。

  12月の政策委に関する質問に対し、ビルロワドガロー氏は「われわれは金融政策手段を再調整する」と述べ、必要に応じて「反応の早い革新的対応」を取ると発言。現時点で「非常に弱い」経済活動とインフレ、あらゆる経済主体の資金調達条件をECBが注視する方針を示した。

  ビルロワドガロー氏は「非常に緩和的で予測可能な資金調達条件を維持する必要がある」とした上で、金融政策がユーロ圏諸国間の借り入れコストのスプレッド抑制に成功したと指摘した。

原題:ECB’s Villeroy: May Make Sense to Extend Exceptional Tools(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE