コンテンツにスキップする

メキシコ中銀、金利据え置き-予想外の緩和サイクル停止

  • 政策金利を4.25%に維持-中銀政策委員が4対1で決定
  • インフレ率は目標レンジ上限を3カ月連続で上回っていた

メキシコ銀行(中央銀行)は12日、政策金利を4.25%に据え置くことを決めた。これにより過去最長となっていた金融緩和サイクルが停止された格好となった。市場では利下げが見込まれていたため、予想外の結果となった。

  ディアスデレオン総裁率いる同中銀は金利据え置きを4対1で決めた。同国ではインフレ率が中銀の目標レンジ上限を3カ月連続で上回っていた。ブルームバーグの調査ではエコノミスト22人のうち6人が据え置きを見込み、16人は0.25ポイントの利下げを予想していた。この決定を受けメキシコ・ペソは一時下げ幅を縮小した。

  中銀政策委員は声明で、「今回の停止措置はインフレ率が目標水準に収束する道筋を確認するために必要な猶予を与える」と説明。「金融政策は今後、消費者物価指数とコアインフレ率に影響を与える要因の動向に左右される」と指摘した。

  中銀は2019年8月から今年9月の前回会合まで11会合連続で利下げを実施。この緩和サイクルは2008年に金利誘導目標が正式に導入されて以降で最長となっていた。インフレ率は10月に前年同月比4.09%上昇と、中銀の目標レンジ上限の4%を3カ月連続で上回った。

Banco de Mexico's ends longest easing streak since 2008

原題:Mexico Holds Key Rate in Surprise Pause to Easing Cycle (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE