コンテンツにスキップする

パウエル議長、各国・地域の中銀と協力-気候変動リスクへの対処

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は12日、気候変動に伴うリスクに対処するため、FRBは各国・地域の中央銀行と協力していると述べた。

  パウエル議長は欧州中央銀行(ECB)主催のオンライン討論会で、「気候変動リスクをどのようにわれわれの仕事全てに組み込むべきかという課題に取り組んでいる」とコメント。「これは金融政策や銀行規制、金融安定に潜在的な影響があり、われわれの目標にどんな意味を持つかを掌握するための初期段階にあると言える」と話した。

  パウエル議長はまた、日本銀行や日本の金融庁を含め各国・地域の中銀・金融監督当局が参加する「気候変動リスク等に係る金融当局ネットワーク(NGFS)」にFRBとして参加を申請するプロセスを進めていると語った。

FRB、気候変動巡る中銀ネットワークに参加へ-クオールズ副議

原題:Fed’s Powell Says Central Banks Must Help Address Climate Change(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE