コンテンツにスキップする

ウィーワークの7-9月期、会員数と売上高が前期比減少-コロナ響く

シェアオフィス事業を手掛ける米ウィーワークは7-9月(第3四半期)に、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続き、会員数と売上高が前期比で減少した。

  ブルームバークが確認したウィーワークの社内メールによると、7-9月の売上高は前期比8%減、会員数は同11%減となった。

  同社のサンディープ・マスラニ最高経営責任者(CEO)とベンジャミン・ダナム新最高財務責任者(CFO)はメールで、「新型コロナは当社が引き続き積極的に管理しなければならない特殊かつ不確かな問題だが、今四半期の業績は一部の主要指標が安定化する兆しを示している」と述べた。

原題:
WeWork’s Revenue and Membership Shrinks in Third Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE