コンテンツにスキップする

ローマ教皇とバイデン氏会談-「壁」で衝突のトランプ時代と様変わり

バイデン次期米大統領は12日にローマ教皇フランシスコと電話会談し、さまざまな問題で協力したいと申し出た。バイデン氏はカトリックとして2人目の米大統領になる。

  バイデン氏の政権移行チームによると、同氏は貧困者支援や気候変動への対応、移民受け入れなどの問題に「力を合わせて取り組む意思を表明」した。

  トランプ現大統領はフランシスコ教皇と度々衝突。教皇は2016年のメキシコ訪問時に、国境の「壁建設のことばかり考え」、橋を築こうとしない者は「キリスト教徒ではない」と言明。選挙戦中だったトランプ氏はこれに、「恥ずべき」発言だと反発した。

原題:
Biden Speaks With Pope, Urges Cooperation: Election Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE