コンテンツにスキップする

米株式市場、猛威ふるうコロナと行動規制でローテーション取引に変化

  • ナスダック100指数のパフォーマンスがS&P500種上回る
  • ワクチン普及前に感染拡大の封じ込め措置が成長を下押しする可能性

米株式市場では年中、同じ疑問が浮上する。将来的には軽減されるにしても、投資家は今ここでどれだけ苦痛に耐えられるかというものだ。12日にはそうした痛みが閾値(いきち)に達した。

  米国の新型コロナウイルス感染の見通し悪化で、すみやかな経済再開への期待が後退し、ローテーションの取引で最近の傾向が逆転している。  

  12日はS&P500種株価指数は1%下落。ハイテク株中心のナスダック100指数も下げたが、この2日間パフォーマンスで上回っている。感染急拡大で、外出規制措置が追い風になるとされるハイテク株が中心の「巣ごもり」銘柄がしっかりだ。

  今週初めには、新型コロナワクチン開発が成功に向かっている可能性が明らかになり、経済成長でより大きな恩恵を受ける銀行株などが息を吹き返していたが、その流れが一転している。

Tech stocks back in favor as U.S. Covid cases surge

  米国の主要10都市圏では先週、約4人に1人しかオフィスに復帰しておらず、ニューヨーク州は屋内での人の集まりに再び制限をかけた。ワクチンが広く普及するまでの数カ月は、感染拡大を阻止する取り組みが引き続き経済の重しになると、ウェルズ・ファーゴ・インベストメントは指摘した。

  同社のシニア世界市場ストラテジスト、サミーア・サマナ氏は「巣ごもりの取引から正常化の取引に、いきなり移行するのは時期尚早だ」とした上で、「コロナ感染者数と感染拡大の封じ込め措置が現時点で増えており、向こう数四半期は消費と経済活動を左右するだろう」と分析した。

原題:Rotation Trade Turns to Duck-and-Cover as Coronavirus Runs Amok(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE