コンテンツにスキップする

パウエル議長、米経済のリスク警告-向こう数カ月は厳しい状況も

更新日時
  • 主要なリスクは明らかにコロナ感染のさらなる拡大-パウエル議長
  • 英中銀総裁とECB総裁もパウエル議長の慎重姿勢に呼応

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長ら世界の主要中銀首脳3人は12日、新型コロナワクチンの前向きな見通しがあるとしても、パンデミック(世界的大流行)がもたらす経済的苦境に終止符を打つのには十分ではないと警鐘を鳴らした。

  欧州中央銀行(ECB)が主催したバーチャル会議でのパネル討論会で、パウエル氏は「経済は堅調な回復経路を引き続きたどっているとみているが、その主要なリスクは明らかに米国で新型コロナ感染がさらに拡大することだ」と発言。「感染が広がる中、向こう数カ月は厳しい状況になる可能性がある」と述べた。

Powell And Mnuchin Testify Before Senate Banking Committee

パウエルFRB議長

写真家:ドリューアンジェラー/ゲッティイメージズ/ブルームバーグ

  イングランド銀行(英中銀)のベイリー総裁とECBのラガルド総裁も、パウエル議長の慎重姿勢に呼応した。

  ベイリー総裁はワクチンを巡る最近のニュースは「勇気づけられる」とし、不確実性が低下することに期待するとしながらも、「われわれはまだその段階には達していない」と語った。

  ラガルド総裁も、パンデミックの先を見越すことが可能になりつつあるが、「熱狂的になりたくはない」と述べた。

  こうした発言は、米国と欧州の大半で新型コロナ感染が再拡大していることが背景にある。米国では入院患者数が過去最多となり、欧州では英国などがロックダウン(都市封鎖)再開に動いている。世界全体の感染者数は5230万人余りとなり、死者数は128万人を超えた。

   米金融当局は12月15、16両日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、景気を一段と支援するために債券購入プログラムを調整する可能性がある。パウエル議長は先のFOMC終了後の会見で、その可能性に含みを持たせていた。

FRB議長、債券購入について議論と発言-FOMC政策維持 (3)

  パウエル議長らはパネル討論会で、労働力に影響を与える長期的な傾向が新型コロナによって加速している可能性が高く、その影響は不透明だとも指摘。

  パウエル氏は「失業率が下がり、ワクチンが出てきた後でも、おそらく相当数の労働者はパンデミック後の経済で自分の道を見つけるための支援が必要になるだろう。なぜなら、いくつかの根本的な点で違いが出てくるからだ」と述べた。

原題:Powell Warns of U.S. Economy Risk With Pandemic at Deadliest Yet(抜粋)

(6段落目以降に新型コロナ感染状況などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE