コンテンツにスキップする

米一戸建て住宅価格は7-9月期に12%上昇、7年ぶりの大幅値上がり

全米不動産業者協会(NAR)によると、今年7ー9月(第3四半期)の一戸建て住宅の価格は前年同期比12%上昇と、7年ぶりの大幅な値上がりとなった。

  NARの12日発表によれば、住宅価格は調査対象となった全米181都市部の全てで前年同期から上昇した。このうち117地域については2桁の上昇率。値上がりした地域は、今年第2四半期の同15地域から大幅に増加した。

  過去最低圏にある住宅ローン金利が需要を急拡大させ、買い手は少ない在庫の中から競うように住宅を求めている。

  NARチーフエコノミストのローレンス・ユン氏は、「有利な住宅ローン金利でこれからも新たな購入希望者が市場に入ってくるだろう」と述べた上で、「しかしながら住宅価格はあまりにも速く上昇しているため、いくら低金利とはいえ手頃な物件が見つけにくい状況は変わらないだろう」と指摘した。

Competition among homebuyers has heated up during the pandemic

原題:Home Prices in the U.S Increase at Fastest Rate Since 2013 (2)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE