コンテンツにスキップする

「60/40」ポートフォリオのリターン予想引き下げ-JPモルガンAM

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

JPモルガン・チェース・アセット・マネジメント(JPMAM)は、今後10年間のクロスアセット投資リターン予想を引き下げた。長期にわたり典型的なポートフォリオの根幹を成してきた60対40の配分戦略がこの先も苦戦することを示唆している。

  2兆3000億ドル(約240兆円)を運用するJPMAMは、資金の60%を株式、40%を債券に割り当てる「60/40」ポートフォリオの今後数年の投資リターンは4.2%の見込みだと、12日のプレゼンテーション資料で示した。これまでは5.4%を予想していた。

  JPMAMのストラテジストは、今後10年間の世界株式の投資リターン予想を1.4ポイント引き下げ、5.1%とした。米大型株のバリュエーション高騰が理由。ソブリン債については、今後10-15年ではほぼ全てがインフレ調整後のリターンがマイナスになると予測。金利正常化の後も利回りは低水準にとどまるとした。

relates to 「60/40」ポートフォリオのリターン予想引き下げ-JPモルガンAM

  JPMAMのグローバルマルチアセット戦略責任者、ジョン・ビルトン氏は「新たな10年を乗り切るために、もはや収入をもたらさない従来型の安全資産から、より高いリターンを見いだすため、ポートフォリオが許容する一定の代償をもっと完全に活用できる代替資産への分散を検討して良いかもしれない」と指摘した。

原題:JPMorgan Asset Cuts 60/40 Outlook, Backs Hunt for Alternatives(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE