コンテンツにスキップする

欧州経済はクリスマスに向け回復へ、移動抑制は十分-JPモルガン

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

JPモルガン・チェースによれば、欧州の経済活動は12月の年末休暇を前に回復する可能性が高い。

  JPモルガンの欧州チーフエコノミスト、デービッド・マッキー氏は12日発表の調査リポートで、「欧州全域で移動は既に大幅に減っており、新規感染は今後2週間でピークをつけるだろう」と指摘。「ロックダウン(都市封鎖)は12月初めまでに緩和されるはずだ。これにより年末休暇を前に経済・社会活動は力強く復活できる」との見方を示した。

Europe's Second Lockdowns

JPMorgan analysts expect economy to reopen before Christmas

Source: JPMorgan

  フランスのルメール財務相は12日のテレビインタビューで、ロックダウンも「あと数日間」の辛抱であり、そうすれば制限措置を緩和できると述べた。

  マッキー氏の試算によれば、ロックダウンを講じてから新規感染者数にその効果が示されるまでの期間は平均約16日間。衛生管理の強化や新型コロナ検査の向上により、今回はより速いウイルス封じ込めに寄与している。移動もそれほど減少させる必要がないという。

  同氏はグーグルの移動データを活用し、「ドイツやスペイン、英国では実効再生産数を1未満に戻すべく、十分な移動の減少が見られた」と指摘した。

原題:Europe’s Economy Will Reopen For Christmas, JPMorgan Predicts(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE