コンテンツにスキップする

テンセント、7-9月期売上高は予想上回る-ゲーム好調続くと示唆

  • 売上高は前年同期比29%増、純利益も市場予想上回る
  • オンラインゲーム事業の売上高は45%増と、17年以来の大幅増

世界最大手のゲーム会社、中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が発表した7-9月(第3四半期)決算は、売上高が前年同期比29%増と、市場予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大による外出規制を受けたゲームブームは景気低迷に逆らって続いている。

  売上高は1254億5000万元(約2兆円)。市場予想の平均値は1238億元だった。純利益は385億元と、市場予想の303億元を大きく超えた。投資先のテクノロジー企業の評価額が上昇し、116億元の一時利益を計上したことも寄与した。

  テンセントの中核であるゲーム・エンターテインメント事業の売上高も予想以上で、コロナ禍を受けたインターネットの好調はまだ続く可能性を示唆した。ゲームを含む付加価値サービス事業の売上高は市場予想を上回る38%増の698億元。オンラインゲーム事業の売上高は45%増と、2017年以来の大幅増となった。

  大和証券キャピタル・マーケッツ香港のアナリスト、ジョン・チョイ氏は、「ゲームは予想をはるかに上回った。ゲームはテンセントの中でも最も収益性が高い事業であることから、これは重要な点だ」と指摘した。

Chinese internet giants recoup some of their $290 billion loss

原題:Tencent Sales Top Estimates in Sign the Gaming Boom Persists (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE