コンテンツにスキップする

国内コロナ新規感染者数、過去最多更新に迫る-冬の流行拡大を懸念

北海道などで新型コロナウイルスの新規感染者数が急増しており、国内全体でも1日当たりの感染者数の過去最多更新が近づいている。11日には新たに少なくとも1546人の感染が確認され、8月7日に記録した過去最多(1595人)に迫った。

  時事通信は11日、西村康稔経済再生担当相が同日に開催された新型コロナ感染症対策分科会で、新型コロナの感染状況について「増加傾向が顕著になってきた。このまま続けば、より強い措置を取らなければいけない」と述べたと報じた。

  FNNの報道によると、北海道では12日の感染者数が230人規模と、1日の確認数としては9日の200人を上回り過去最多になる見込みだという。本格的な寒さの到来を控えて感染の第3波に対する懸念が高まっている。

  感染者数の急激な増加を受けて、株式市場では巣ごもり関連株を再度買う動きが広がっている。任天堂株は12日、一時前日比4.4%高の5万3970円、カプコン株も同6.3%高の5260円と上昇。前日まではワクチン開発を巡る良好な治験結果が出たことで巣ごもり関連銘柄は利益確定売りに押されていたものの、きょうは反発している。

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE