コンテンツにスキップする

オブライエン米大統領補佐官、新たな対中制裁警告-香港民主派排除で

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は11日、香港民主派議員を排除する中国の動きについて批判し、新たな対中制裁の可能性を警告した。

  中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会はこの日、香港立法会議員に愛国的であることを義務付ける措置を採択した。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が率いる香港政府は直ちに4人の民主派議員の資格を剥奪。それを受けて立法会(定数70)の民主派陣営のうち15人が共同で記者会見を開き、集団辞職を表明した。

President Bolsonaro Meets With U.S. National Security Advisor Robert O’Brien

オブライエン補佐官

中国の習主席、バイデン次期米政権に挑戦状-香港の民主派排除で

  オブライエン氏はホワイトハウスが11日夜に発表した声明で、米国はさまざまな法律の下で「付与された全ての権限を引き続き活用し」、「香港の自由を失わせる責任者を特定し、制裁を科す」とコメントした。

  同氏は、制裁対象となる可能性がある人物を具体的には明らかにしなかった。ただ今回の声明は、中国共産党および香港当局者に対する新たな厳しい制裁への伏線と見受けられる。

原題:
Trump’s National Security Advisor Warns China on Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE