コンテンツにスキップする

【欧州市況】株3日続伸、ディフェンシブ銘柄に買い-イタリア債上昇

11日の欧州株は3日続伸。投資家の買いはよりディフェンシブな銘柄に戻っており、最近上げていたバリュー株は失速した。

  ストックス欧州600指数は1.1%高。2月以来の高水準で取引を終了した。不動産や公益事業、ヘルスケア株が上げをけん引した一方で銀行や建設株は下落、バリュー株へのローテーションが反転した。

  バリュー株への流れはこの日止まったが、シャロン・ベル氏らゴールドマン・サックス・グループのストラテジストは、バリュー株への循環買いは歴史的な平均値とされる4カ月間を超えて続くとみている。力強い回復とバリュエーションの「極端な」差がその背景だという。

European stocks rally following positive coronavirus vaccine news

  欧州債市場ではイタリア債が上げ幅を縮小した。ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)拡大示唆を手掛かりにイタリア債は一時大きく上昇していた。

  ドイツは今年最後の30年債入札を実施。その後、償還期限の長い国債を中心に買いが進み、利回り曲線はブルフラット化した。

  英国債はベアスティープ化。12日に10年債、30年債の入札が行われる。

  ドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げてマイナス0.50%、フランス10年債利回りは2bp低下してマイナス0.26%。イタリア10年債利回りは3bp下げて0.73%。

原題:European Stocks Rally for Third Day as Defensives Stage Comeback、Lagarde’s PEPP Talk Spurs Italian Bond Gains: End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE