コンテンツにスキップする

ファイザーCEOらも保有株売却、ワクチン期待で製薬株が急伸

Pfizer Inc.'s European Facilities With Drug Maker Soaring On Vaccine
Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg
Pfizer Inc.'s European Facilities With Drug Maker Soaring On Vaccine
Photographer: Geert Vanden Wijngaert/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は、保有する自社株の売却で約560万ドル(約5億9000万円)を手にした。新型コロナウイルスのワクチン期待で一部の製薬会社の株価が上昇しており、これら企業の幹部が保有株を売って利益を得る例が相次いでいる。

  米証券取引委員会(SEC)に提出された文書によると、ブーラ氏は9日にファイザー株13万株余りを売却した。同社のサリー・サスマン上級副社長も約180万ドル相当の保有株を手放した。

  同日のファイザーの株価は、ドイツのビオンテックと開発する新型コロナワクチン候補の暫定結果を発表した後に急騰した。ファイザーの広報担当者は両幹部の株式売却について、個人的な資産計画の一部だと説明。両氏ともインサイダー取引に抵触するのを防ぐため株価が一定の水準に達した際の売却を事前に指示しており、ブーラ氏は今年8月に、サスマン氏は昨年11月に売却水準を設定していた。

  モデルナのステファン・バンセルCEOも今年、50万株余りを売却済み。同社株は年初から4倍余り上昇した。

原題:
Pfizer CEO Joins Pharma Executives Selling Stock in Covid Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE