コンテンツにスキップする

弱気派はモデルナ株のショートを維持-ワクチン候補の暫定結果控え

米バイオテクノロジー会社モデルナの時価総額は今年に入り約240億ドル(約2兆5300億円)膨らんだ。同社のメッセンジャーRNA(mRNA)技術に基づく新型コロナウイルスワクチンへの楽観が背景にある。だが弱気派はモデルナ株のショート(売り持ち)を保持しているようだ。

  オプションのデータは、モデルナ株が向こう数週間に2桁の変動率で大きく動く可能性を示唆している。S3パートナーズのデータによれば、約18億4000万ドル相当の株式がショートとなっている。

  モデルナはワクチン候補「mRNA-1273」の有効性について、11月中に初期の暫定分析結果を得る見通し。米ファイザーとドイツのビオンテックが発表したコロナワクチン候補の暫定結果は、モデルナにプラスとマイナス両方の影響を与えた。90%を超える確率で感染を防いだと発表したことから、競争面でのハードルが高く設定された。一方で、ワクチンの類似性という点ではモデルナにプラスだ。

  オプションのデータは、モデルナ株が11月末までに上下どちらの方向にも15%動く可能性があることを示唆している。12月24日までで見た場合は変動率は26%に高まる。同社株は今年に入り280%余り上昇している。

Moderna has surged more than 280% this year on Covid vaccine optimism

原題:Bears Hold on to Their Moderna Shorts Ahead of Covid Results (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE