コンテンツにスキップする

中国の習主席、バイデン次期米政権に挑戦状-香港の民主派排除で

更新日時
  • 香港政府は民主派議員4人の資格を剥奪-15人が集団辞職
  • 中国外務省、各国に「干渉や理不尽なコメント」避けるよう警告

中国の習近平国家主席は、共産党政府の統治下で最も民主的な機関の力を事実上奪い取った。次期米大統領への当選を確実にしたバイデン氏に対し、どんな圧力を受けようとも、共産党への反対勢力は容認しないとのメッセージを送った格好だ。

  中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は11日、愛国心を欠くと見なす香港立法会(議会)議員の資格剥奪を認める措置を採択した。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が率いる香港政府は直ちに4人の民主派議員の資格を剥奪。それを受けて立法会(定数70)の民主派陣営のうち15人が共同で記者会見を開き、集団辞職を表明した。

  会見で議員らは手をつなぎ、抗議のスローガンで香港を鼓舞する意味の「香港加油」を何度も口にした。

  民主派の張超雄議員はブルームバーグ・ニュースに対し、「今回の措置で独裁が香港を襲い、中国共産党が香港立法会であらゆる反対の声を一掃することができることがはっきりした」とコメント。「もはや権力の分立はなく、『一国二制度』もない。従ってわれわれが知っている香港はもうない」と述べた。

Hong Kong Ousts Four Lawmakers After China Passes Patriotism Law

香港立法会に姿を現す民主派議員(左から郭栄鏗と楊岳橋、郭家麒、梁継昌各氏)

写真家:Billy HC Kwok / Bloomberg

  

  今回の措置により、反体制派の抑圧に向けた中国政府の強い意志があらためて浮き彫りとなった。

  バイデン氏の大統領選勝利で米中関係をリセットする機会が訪れているものの、中国の最新の動きはバイデン氏に緊張緩和への選択肢が多くないことを印象付けた。バイデン氏は選挙活動中、香港人権・民主主義法を「全面執行する」方針を示し、習国家主席を「悪党」とさえ呼んでいた。

「悲しい日」

  香港浸会大学(HKBU)政治・国際関係学部のジャンピエール・キャプスタン教授は「この決定で、中国が西側諸国のことは気にしていない事が示された」と指摘。「バイデン氏が対中および対香港政策を緩めるのは非常に難しだろう。どうやって制裁を緩められようか。香港にとってはとても悲しい日だ」と述べた。 

  中国の栗戦書全人代常務委員長は2日間行われた会議の終了時に今回の決定について、「香港の長期にわたる平和と安定、繁栄、発展につながる」と評価。林鄭行政長官は11日の記者会見で、香港の独立支持や香港に対する中国の主権を認めない行為、外国への介入要請、香港基本法の不支持や香港への忠誠の怠り、「国家安全を脅かす別のいかなる行為への従事」などが違反に含まれると語った。  

  中国外務省の汪文斌報道官は11日の会見で、決定は「純粋な中国の内政問題だ」とし、各国政府に「干渉や理不尽なコメント」を避けるよう警告した。

原題:
Xi Challenges Biden With Move to Snuff Out Hong Kong Opposition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE