コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(11月11日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株7日続伸、コロナワクチンで景気回復期待-景気敏感や金融買い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は1年超ぶりの7日続伸。新型コロナウイルスのワクチンによる景気や企業業績の回復期待が継続した。自動車など輸出や素材、市況関連といった景気敏感業種のほか金融や不動産など内需関連も高く、幅広く買われた。

  • TOPIXの終値は前日比28.27ポイント(1.7%)高の1729.07
  • 日経平均株価は444円01銭(1.8%)高の2万5349円60銭
    • 1991年6月4日以来となる29年ぶり高値

  岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジストは「海外勢はコロナ感染拡大による景気の落ち込みを先読みして日本株の売りポジションを積み上げてきた」と前置きしながら「7-9月期の企業業績は4-6月より回復し、最も重荷だったコロナにもワクチンが現実化してきた」と指摘。先物中心とした「ロスカットの買い戻しが予想外に株価を押し上げている」と述べた。

  • 東証33業種では不動産、鉱業、保険、海運、銀行、ガラス・土石、輸送用機器などが上位
  • その他製品、空運、情報・通信は下落

●債券下落、米長期金利上昇の流れで売り優勢ー超長期債には需要との声

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。前日の米国市場で長期金利が一段と上昇した流れを引き継ぎ、売りが優勢になった。もっとも、利回り水準が上昇した超長期ゾーンは、米金利や株価など外部環境が逆風の割には、投資家需要を背景に底堅いとの指摘が出ていた。

  • 新発10年債利回りは前日比0.5ベーシスポイント(bp)高い0.035%
  • 新発30年債利回りは0.65%、新発40年債利回りは0.685%と、それぞれ0.5bp上昇
  • 長期国債先物12月物の終値は8銭安の151円84銭。取引開始から売りが先行。午後の取引では一時151円81銭まで下落したが、その後はやや戻して安くもみ合った

みずほ証券の松崎涼祐マーケットアナリスト

  • 海外時間の動きに沿って売りが先行した後は、先物が狭いレンジで推移した
  • 今週は米長期金利の上昇スピードが速かったが、米大統領選挙やコロナワクチン開発の影響を冷静に見極める姿勢もあり、株式市場に比べて債券市場は落ち着いてきた
  • 超長期ゾーンは米金利上昇や株高の割には底堅い。急速に金利が上昇する局面では買いも入りづらかったが、じりじり上昇する局面では、ある程度目新しい水準なら押し目買いもある

日銀オペ

  • 対象は残存期間1-3年、3-5年、5-10年、物価連動債。通知額はいずれも前回から据え置き
  • 応札倍率は1-3年と3-5年が前回から上昇

●ドル・円小幅安、輸出などの実需が重し-緩和期待後退でNZドル急伸

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は小幅安。新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る過度なリスク選好ムードに一服感が出るなか、輸出企業など実需の売りがやや重しとなった。ニュージーランド(NZ)ドルは大幅上昇。NZ準備銀行(中央銀行)による銀行向け資金供給の開始を受けて一時売られたが、オア中銀総裁の発言を受けてマイナス金利導入期待が後退し、買い戻しが強まった。

  • ドル・円は午後3時現在、前日比0.1%安の105円21銭。朝方に付けた日中高値105円32銭から一時105円01銭まで下落する場面も
  • NZドル・ドルは0.9%高の1NZドル=0.6893ドル。一時は0.6904ドルと昨年3月以来の高値を更新

ソニーフィナンシャルホールディングスの石川久美子為替アナリスト

  • ファイザーのワクチンの件は消化した感があり、今はポジションを調整しながら次の材料待ち
  • ワクチン開発がさらに進んでも実用化や有効性などが問題になってくるので、経済がコロナ前に戻るのがかなり遠いのは間違いない。米大統領選もまだもめており、リスクオンにもリスクオフにも継続的に傾くのは難しい
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE