コンテンツにスキップする

中国テクノロジー銘柄が続落-ネット業界の独占的慣行根絶の動きで

更新日時
  • ハンセンテック指数は5.3%安-2日間の下落率が約10%に
  • アリババとテンセント、JDドットコム、美団点評、小米が軒並み安

中国のテクノロジー銘柄は11日も香港市場で下落。中国当局が国内インターネット業界に対する監督強化に乗り出したことが嫌気されている。2000億ドル(約21兆円)を超える時価総額が失われた。

  ハンセンテック指数は5.3%安と2日間の下げが約10%に達した。香港上場のアリババグループとテンセント・ホールディングス(騰訊)、JDドットコム、美団点評、小米の株価はいずれも2日間で8%以上の下落。中国は10日、国内インターネット業界の独占的慣行の根絶に向けた規則案を公表した。

中国、ネット業界で独占的慣行の根絶目指す-独禁ルール公表

Hang Seng Tech index slides on China antitrust rules

原題:China Tech Selloff Swells to $200 Billion on Antitrust Rules (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE