コンテンツにスキップする

ポンペオ国務長官、トランプ政権2期目に言及-不正選挙の主張を助長

  • 「トランプ政権の2期目に向けて円滑な移行」があるとポンペオ氏
  • ポンペオ氏は13-23日の日程でフランスやトルコ、中東を歴訪へ

ポンペオ米国務長官は10日、「トランプ政権の2期目に向けて円滑な移行」があるだろうと述べた。冗談交じりの発言だった可能性はあるが、大統領選で不正が行われたとするトランプ大統領の根拠のない主張を煽(あお)る格好となった。

  ポンペオ氏は、民主党バイデン氏の選挙での勝利を巡る記者からの質問に対し、1月20日の政権移行が成功すると「世界は確信しているはずだ」と発言。「われわれは準備ができている。ここで何が起きているか世界が注目している。われわれは全ての票を数える」と述べた。

  国務省当局者1人にポンペオ氏の発言の意図を明確にするよう求めたが、返答はなかった。ポンペオ氏はその後、選挙についての質問は「真剣」ではなかったとして記者を非難した。

  トランプ大統領は「合法的な票」だけを数えれば自分が勝者になると繰り返し主張しており、ポンペオ氏も「全ての合法的な票を数えるつもりで、そうしなくてはならないと確信している」と語った。

  ポンペオ氏は13-23日にフランスやトルコ、中東を歴訪し、マクロン仏大統領ら各国首脳と会談する予定。

原題:Pompeo Talks of New Trump Term, Playing to False-Claim Furor (1)、Pompeo to Travel to France, Turkey, Middle East Nov. 13-23(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE