コンテンツにスキップする

バイデン氏、欧州首脳と相次ぎ電話会談-関係リセットに着手

  • カナダのトルドー首相に続く電話会談の相手はジョンソン英首相
  • マクロン仏大統領、メルケル独首相らとも電話会談を行った

米大統領選で当選を確実にしたバイデン氏は10日、欧州各国首脳と相次いで電話会談を行い、トランプ政権の4年間で混乱した米欧関係のリセットに動き出した。

  バイデン氏はジョンソン英首相と20-25分話し合った後、 マクロン仏大統領、メルケル独首相、アイルランドのマーティン首相とも電話会談を行った。

Key Speakers At The 74th Session Of The United Nations General Assembly

ジョンソン英首相

写真家:Jeenah Moon / Bloomberg

  カナダのトルドー首相に続く電話会談の相手に英首相を選んだことは、次期米政権が英国を引き続き重要な同盟国とみていることを示すものだ。

  英首相府は電子メールによる声明で、電話会談では貿易、安全保障、気候変動について話し合ったと説明した。ジョンソン氏は来年スコットランドで開催予定の第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)にバイデン氏を招待したという。

原題:
Biden’s Rapid-Fire Calls Open New Era for U.S. and European Ties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE