コンテンツにスキップする

アップル、脱インテル開始-自社設計チップ搭載の新型「Mac」発表


The new MacBook Air, 13-inch MacBook Pro, and Mac mini are now powered by Apple’s M1 chip. 

The new MacBook Air, 13-inch MacBook Pro, and Mac mini are now powered by Apple’s M1 chip. 

Source: Apple Inc.


The new MacBook Air, 13-inch MacBook Pro, and Mac mini are now powered by Apple’s M1 chip. 

Source: Apple Inc.

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アップルは10日、自社設計プロセッサーを初めて搭載した「Mac(マック)」コンピューターを発表。これまでのインテル製から自社製への切り替えを開始した。

  アップルはバーチャル形式で開催したイベントで、ノート型パソコンの新型「MacBook Air(マックブック・エア)」を発表。新しい自社製プロセッサー「M1」を搭載し、価格は999ドル(日本では10万4800円)からとなる。

  同社によればこの新しいプロセッサーにより電力効率が上がりバッテリーがより長持ちするようになるほか、グラフィックとアプリの速度が向上、機械学習のタスク処理でも速さが増し、セキュリティーが強化される。新型マックブック・エアのバッテリー持続時間は18時間。

  アップルはこのほか、同じM1プロセッサーを搭載した「MacBook Pro(マックブック・プロ)」(13インチ)と「Mac mini(マック・ミニ)」の新型も発表した。マック・ミニの価格は699ドル(日本では7万2800円)から。

原題:Apple Launches New Mac Computers to Kick Off Switch From Intel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE