コンテンツにスキップする

デイトレーダーが市場を意のままに-「それ見たことか」と自信満々

  • リテール投資家お気に入りの銘柄群はS&P500種の5倍の上昇率
  • 市場変動でも揺るがぬ胆力を持ち、正しい方向選択とストラテジスト

新型コロナウイルスワクチン候補の治験で有望な結果が出たからといって、まだ安心はできない。1つの結果は決定的ではない、ワクチンの配布には時間がかかる、株価はニュースよりも先走りがちだ、前のめりになってはいけない。ウォール街はそう警告する。しかし、今年急増している新参の投資家らは懐疑論に耳を貸さない。

  フロリダ州マイアミに住む28歳のアレックス・カストロ氏は、「デイトレーダーの正しさが証明された」と言う。自分は株の売買で生活しており「これ一筋だ」と話す。

  2020年に入って11カ月、デイトレーダーらは自信にあふれている。彼らの自信は正当であるようにも見え始めている。プロの投資家はデイトレーダーらがやがてひどい目に遭うと警告し続けてきたが、リテール投資家のお気に入り銘柄のバスケットはS&P500種株価指数の5倍の上昇率となっている。

  9日も、新型コロナワクチン候補に関する前向きなニュースを受けて、個人投資家が利用するプラットフォームのロビンフッド上で人気の高いカーニバルとノルウェージャンクルーズライン・ホールディングス、ロイヤル・カリビアン・クルーズ株がそれぞれ少なくとも26%上昇した。航空関連のU.S.グローバル・ジェッツETFは16%上昇と3月以来の大幅高となった。

  リテール投資家のあまりの熱狂に、9日にはチャールズ・シュワブやバンガード・グループ、TDアメリトレード・ホールディングなどのシステムが技術的トラブルに見舞われた。

  新型コロナの中での一時的現象であり、スポーツイベントや大学が再開されれば減っていくと見なされていたリテール・デイトレーダーは増え続け、米株取引全体の5分の1を占めるようになった。常に上昇するわけではないが、下げた後に毎回反発してきた株式市場で、「それ見たことか」がデイトレーダーらの標語になっている。

  ナショナル・セキュリティーズのチーフ市場ストラテジスト、アーサー・ホーガン氏は「リテール投資家はあらゆるボラティリティーを通じて揺るがない胆力があることを証明したし、今年ずっと正しい方向を選んできた」と述べた。「大方のアクティブ運用ファンドはそうではなかった」と付け加えた。

Carnival, Norwegian and Royal Caribbean surge on vaccine news

原題:
Day Traders Say They Told You So in Market Bending to Their Will(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE