コンテンツにスキップする

フィリピン3QのGDP、前年同期比11.5%減-2桁マイナス成長続く

フィリピンの今年7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比11.5%減少した。

  GDP成長率は4-6月(第2四半期)のマイナス16.9%(改定)から若干持ち直したが、ブルームバーグが調査したエコノミストの予想中央値(9.6%減)よりマイナス幅は大きくなった。7-9月のGDPは前期比では8%増加した。予想は8.9%増だった。

Rate cuts have failed to pull economy out of slump

原題:Philippine Economy Emerging From Virus Trough in Third Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE