コンテンツにスキップする

ボーイング737MAX、FAAが運航再開許可18日にも発表

更新日時
  • 737MAXは2度の墜落の後、19年3月から運航停止となっている
  • 改修の評価は「向こう数日以内」に完了する見通し-FAA局長

ボーイングの旅客機737MAXは、早ければ来週に運航再開が認められる可能性がある。運航停止となっている737MAXは現在、米連邦航空局(FAA)による改修の審査が最終段階にある。

  FAAによる運航再開の許可は18日にも発表される可能性がある。事情に詳しい関係者が公に話す権限がないとして匿名で語った。計画は暫定的であるものの、ボーイングは議員への説明を開始したという。

  ディクソン局長は9日、審査が「向こう数日以内」に完了する見通しだと電子メールの文書で述べた。737MAXは計346人が死亡した2度の墜落事故の後、2019年3月から運航が停止されている。

  ロイター通信は先に、18日にも運行停止措置が打ち切られる可能性を伝えていた。

原題:FAA to End Grounding of Boeing Max as Soon as Nov. 18 (Correct) (抜粋)

(最終段落を加えて更新します。第2段落でボーイングが議員への説明を開始したに訂正済みです。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE